お風呂にで手軽に温熱療法で腰痛を治す方法

お風呂にで手軽に温熱療法で腰痛を治す方法書いていきます。
腰痛になっていると日常生活を送っていくのに非常に不便な生活になってしまいます。靴下を履く動作や少しでも重いものをもったりするのも苦痛を伴います。また歩くことも腰痛でいると非常に厄介な病気であることは間違いないです。腰痛を改善すると、日常生活が昔のように楽しく過ごすことができます。腰痛はしっかりと対策をとれば改善できるのです。
雨の日や肌寒い日には腰の痛みが強くなってしまうことがあります。患部が冷えると血行が悪くなって老廃物がたまり筋肉が凝り固まってしまうからです。そのため常に患部を冷やさないようにすることが大切です。寒い季節に暖かい服装をするのはもちろん、夏でも冷房から腰を守ることが大切です。
家庭で手軽に身体を温める方法といえば、お風呂に勝るものはありません。ただ入るだけでも温熱効果はありますが、より血行を促進する入浴法があります。それは「温冷交代浴
といって幹部を交互に温めたり冷やしたりすることで、血管の収縮と拡張を促し、新陳代謝を高める入浴法です。
その方法は、まず40〜50度のお湯に10分間以上つかったあと、患部に15度〜20度の冷水シャワーをあてます。この際、前かがみになるなど、腰やひざに負担のかかる姿勢を避けてください。再びお湯につかり5分間温まったらまた冷水シャワーをあてます。これを5回くらいくりかえてし終了です。お風呂からあがっても身体が内側からポカポカと温まるのを感じられるはずです。ものしこの温冷交代の最中に気分が悪くなったらただちに中止してください。心臓に疾患がある人や高血圧の人などは避けたほうがよいです。
特に血行をよくしたい部分に冷水シャワーをあてると効果的だが、いきなり患部に冷水をかけるのは危険です。まずは手足からかけるようにしましょう。

 

まとめ
@40度前後のお湯に10分間つかる
Aお湯から出て、20度くらいのシャワーを数秒間ずつ、患部へとあてる。水が冷たすぎると感じるときは、ぬるま湯から温度を下げていく
B再び40度のお湯に5分間つかる
C最後に40度のお湯に10分間つかり終了。体が芯から温まり、汗が噴き出てくる。
以上4つのことをすることによって入浴して腰痛を改善していく方法です。しっかりと上記の4つを行えば腰痛は改善できていきます。今日からでもはじめることはできますので、試してみてください。腰痛を改善していきましょう。